kilin> how to> コマンドメモ> yum EPEL and remi

yum EPEL and Remi

FUKUDA Hiroshi

(2009.4.2-2015.8.23)

EPELとremiリポジトリを導入して,サードパーティー・パッケージと最新のphpをyumでインストールできるようにする。なお,2015年8月時点でRPMforgeリポジトリはメンテナンスされていないので,導入するべきではない。
(環境) CentOS 5.1, 6.x, 7.x

(以下プロンプトが#ならroot,$なら普通のユーザー)

インストール
(CentOS 5)
# yum install epel-release
# yum install yum-priorities
(CentOS 6, 7)
# yum install epel-release
# yum install yum-plugin-priorities
remi (phpの最新版を提供する)を導入するには:
(CentOS6)
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
(CentOS7)
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
rpmforgeを導入するには:
(CentOS5)
# wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm
# rpm -ivh rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm
# yum update rpmforge-release

(CentOS6)
# wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.i686.rpm
# rpm -ivh rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.i686.rpm
# yum update rpmforge-release
設定ファイル編集
標準リポジトリとEPEL, Remiリポジトリの両方で提供されるパッケージについて,標準リポジトリを優先する。priorityは1から99で,小さいほど優先度が高い。
# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
[base]
# 最下行に以下を追加
priority=1

#released updates
[updates]
# 最下行に以下を追加
priority=1

#packages used/produced in the build but not released
[addons]
# 最下行に以下を追加
priority=1

#additional packages that may be useful
[extras]
# 最下行に以下を追加
priority=1

#additional packages that extend functionality of existing packages
[centosplus]
# 最下行に以下を追加
priority=1
# vi /etc/yum.repos.d/remi.repo
[remi-php56]
name=Remi's PHP 5.6 RPM repository for Enterprise Linux 7 - $basearch
#baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/php56/$basearch/
#mirrorlist=https://rpms.remirepo.net/enterprise/7/php56/httpsmirror
mirrorlist=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/php56/mirror
# NOTICE: common dependencies are in "remi-safe"
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi
remiで使用するエントリー(上の例ではphp56)のenabledを1にする(はじめ全てのエントリーのenabledは0)。