kilin> how to> LaTeX

LaTeX

(2009.4.8-2011.9.6)

WindowsでLaTeX 2eを使う.
(環境) Windows XP, Windows 7

(以下プロンプトが#ならroot,$なら普通のユーザー)

インストール:

阿部紀行氏作TeXインストーラ3を使ってTeX をインストール
http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~abenori/soft/index.htmlにある「TeXインストーラ3 0.81 r2」をクリックしてダウンロード.zipファイルを展開して以下の点に注意して,abtexinstフォルダのabtexinst.exeをダブルクリックしてインストール.
・Ghostscript (ゴーストスクリプト)の設定画面で「All Users」をチェック.
・日本語を選択できない言語の選択画面では「English」を選ぶ.
Winshellのインストール
www.winshell.deからwinshellインストーラをダウンロードしインストール.以下の点に注意して,デフォルトでインストール.
・言語の設定画面でJapaneseを選択.
もしパッチがあれば,インストールが終了後,パッチをあてる.
Winshellを起動して日本語が使えるように設定.
[オプション]-[TeX関連プログラム設定]を以下のように修正.-は変更不要.
プログラム名 exeファイル名 コマンドライン
DVI -> PS dvipsk -
PDFView  "C:\Program Files\Ghostgum\gsview\gsview32.exe" 
[オプション]-[ユーザ指定プログラム]を以下のように修正.-は変更不要.
プログラム名 exeファイル名 コマンドライン 注 
dvipdfmx dvipdfmx "%s" [LaTeXを先に実行]だけチェック 
[オプション]-[表示]-[ユーザ設定]の[カテゴリ]を[ユーザ指定プログラム]にして,ツールバーに[divpdfmx]ボタンを作る.
[オプション]-[フォント]を以下のように修正.-は変更不要.
フォント サイズ スクリプト エンコーディング
文書 Terminal 10 日本語 Shift-JIS
プロジェクト窓 MS UI Gothic* 8 日本語 -
*Windows 7ではメイリオ

使い方:

WinShellを起動して使う.日本語混じりのファイルではPDFLaTeXは残念ながら使えないのでdivpdfmxを使う.

メモ:

プリアンプルで

\usepackage{ccaption} % (continued)

と宣言すると,図や表を2つ以上に分けることができる.

\begin{figure}
(図の前半)
\caption{図の説明}
\end{figure}

\begin{figure}
(ここに図の後半を入れる。)
\contcaption{(continued)}
\end{figure}

で,はじめの図も,次の図も同じ図番号がつく.


参考

TeXのインストール(Windows)(http://www.clas.kitasato-u.ac.jp/~fujiwara/installTeXWin/) 2009.3現在
「WinShell」セットアップマニュアル(http://www.iplab.cs.tsukuba.ac.jp/~ishihara/winshell_install.htm) 2009.3現在
論文執筆に役立つLaTeXの基礎(http://www.fluidlab.naoe.t.u-tokyo.ac.jp/~minnie/TeX/index.html.ja)2010.2現在