yum SCL, EPEL and Remi

FUKUDA Hiroshi

(2009.4.2-2019.8.22)

SCL(Red Hat Software Collections), EPEL, remiリポジトリを導入して,最新バージョンのruby,サードパーティー・パッケージ,最新のphpなどをyumでインストールできるようにする。
(環境) CentOS 6.x, 7.x (CentOS 5についてはこちら)

(以下プロンプトが#ならroot,$なら普通のユーザー)

インストール

# yum install centos-sclo-rh
# yum install epel-release
# yum install yum-plugin-priorities
remi (phpの最新版を提供する)を導入するには:
(CentOS6)
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
(CentOS7)
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

リポジトリ優先順の編集

標準リポジトリとEPEL, Remiリポジトリの両方で提供されるパッケージについて,標準リポジトリを優先する。 /etc/yum.repos.d/ にある各レポジトリファイルの各エントリにpriority=Nを追加する。Nは1から99で,小さいほど優先度が高い。

標準リポジトリの優先順位を1にする

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
[base] # 最下行に以下を追加
priority=1

#released updates
[updates]
# 最下行に以下を追加
priority=1

#packages used/produced in the build but not released
[addons]
# 最下行に以下を追加
priority=1

#additional packages that may be useful
[extras]
# 最下行に以下を追加
priority=1

#additional packages that extend functionality of existing packages
[centosplus]
# 最下行に以下を追加
priority=1

remiで使用するエントリーを指定する

remiで使用するエントリー(下の例ではphp56)のenabledを1にする(はじめ全てのエントリーのenabledは0)。php71等を使いたい時は同じディレクトリにあるremi.repo-php71.repoなどのenabledを1にする。
# vi /etc/yum.repos.d/remi.repo
[remi-php56]
enabled=1